マイライフ 【2018.03.08】

潤って心も体も温める美肌&美髪レシピ

潤って心も体も温める美肌&美髪レシピ

体とお尻をファンヒーターに向けて暖まってますよね?

でも・・・背中が痒くなったりしていませんか?

「寒いからつい、ファンヒーターの前にばかりいたら、体が痒い!!」とご相談をうけました。


痒みは乾燥が原因です。

ファンヒーターの前に干している洗濯物がカラッカラに乾くことからも、お分かりいただけるはずです。

ファンヒーターの前にいるということは、体を乾かしているのと同じことなのです。

(だって、寒いもんね)

そこで今回は、この寒い時期だからこその、お肌のお手入れ方法をお伝えします。



寒い時期のお手入れ方法


①水分をとる

まずは、体の内側から潤すために、水分を取ることが大切です。


②化粧水を肌にしみこませる

保湿力の高い化粧水を入れることが大切です。

「とりあえず、クリームをたっぷり塗っている」という方がおられますが、体が欲しているのは油分ではなく水分です。

それも、一度にたっぷりではなく、2~3滴程の少ない量を丁寧に何度もいれてあげることが大切です。

クリームは肌に負担のないものを選び、少量だけつけてあげましょう。

肌に付けた感のあるクリームだと皮下脂肪の働きを妨げるため、逆に乾燥肌を促進させてしまいますよ。



乾燥が老化を早める


もぎたてのフルーツはジューシーですが、日数がたつうちにだんだんしなびてしまいます。

人間も同様に、年齢とともに水分が失われ、乾燥に向かいます。

ただでさえ、老化は宿命です。乾燥は老化を早める原因となりますので、十分に気を付けてくださいね。

また、乾燥し敏感肌になると、肌のバリアが壊れるため、春のアレルギー等も招きやすくなります。

冬の間からしっかりお肌のお手入れをしておいてくださいね。


ファンヒータ―ではなく、内側から心も体も温める、美肌・美髪レシピをご紹介しますね。

鶏手羽の炊き込みご飯】



【材料】

手羽先             8本

米               480g

★醤油             大2

★酒              大1

★砂糖             小1

★しょうがのすりおろし     小1

★にんにくのすりおろし     小1

水               500ml

バター             大3

 

【作り方】

①    米はといでざるにあげて40分おく。

②    手羽先と★を保存袋で漬け込んでおく

③    土鍋に①と水とバターをいれて、②の手羽先を並べて、つけ汁も回しいれる

④    強火にかけ、沸騰したら弱火で15分炊く。5分蒸らしてできあがり。

山椒やパセリ、青じそなどお好みで青いものを散らしてみてね!

福田 裕子
三田村 知美Satomi Mitamura
コラム「マイライフ」担当

18歳から化粧品販売に30年間携わる。素肌美をつくるのは生活習慣であるという発想から、化粧品選びのアドバイスはもとより、洗顔方法や料理指導も合わせた個別カウンセリグを重視。30~40代の女性から好評を得ている。『楽しく、美味しく、美しく』をモットーに、女性らしさをより輝かせるライフスタイルを提案。最近は昔ながらの台所文化を中心としたアドバイスに定評があり、越前市内の広報誌に「さとみのおすすめ♪レシピ」を掲載中。

« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています