おいしい時間 【2018.02.20】

オリーブオイル豆知識② 白く固まるのは何?

オリーブオイル豆知識② 白く固まるのは何?


みなさんこんにちは!

寒い日が続きますね。
今年は日本の各所で雪の多い年になりましたね。


さて、オリーブオイルを普段からお使いの方はすでにお気づきかと思いますが、
気温が下がると、オリーブオイルって白く固まるんです。。。





「ごま油やサラダ油などは固まらないのに、なぜオリーブオイルは固まるの?!」
そんな風に疑問に思ったことはありませんか?


この白く固まるもの、それはズバリ
「オレイン酸」です。


この言葉、聞いたことありますか?
脂肪酸(脂質を作っている成分)のことで、
オリーブオイルは、その70~80%がオレイン酸で構成されています。

オレイン酸には、悪玉コレステロールを下げる(そして善玉コレステロールは下げない)働きがあることが知られており、オリーブオイルにはこれがたくさん含まれることが、魅力のひとつとして挙げられる理由なんです。

しかしこのオレイン酸、低温になると結晶化します。気温が10℃を下回ると、徐々に固まって白濁します。少しでも防ぎたい場合は、外気に触れにくい戸棚の中に保管したり、容器に布などを巻いておいたりすると良いかもしれませんね。

では、固まってしまったオリーブオイルはどうしましょう。。。

→少し温めて溶かして使ってください。
風味は若干落ちることもありますが品質には問題ありません。

とはいえ、エキストラバージンオリーブオイルはとてもデリケートな油なので、
温度変化を何度も繰り返すと風味もかなり落ちてしまいます。
少し油っぽい匂いになってしまった場合、
そのオイルは思い切って加熱して使っちゃってください。


野菜をオリーブオイルと塩コショウで炒めるだけでも立派なおかずになりますし、
タコ焼きやお好み焼きの最後の仕上げにかけると、カリッとおいしく出来上がりますよ♩

福田 裕子
中辻 美紀Miki Nakatsuji
コラム「おいしい時間」担当

<deww代表 / オリーブオイルソムリエ>
福井県立大学経済学部卒業後、英語を習得するため、単身渡米。
ニューヨーク滞在中に、地中海(ヨーロッパ方面)の文化に興味を持ち、南イタリアにて約3か月間のホームステイ。
イタリアでの食生活にオリーブオイルがふんだんに使われていることを知り、フランス・パリのミシュラン1つ星レストラン les fables de la fontaine(ファーブル・ドゥ・ラ・フォンテーヌ)にてサービスアテンダントとして従事。
日本に戻り、2014年の夏、オリーブオイルソムリエ資格を取得。
オリーブオイルの本場といわれるスペインに渡り、地元の生産者と契約し、2015年8月、オリーブオイル専門店「deww(デュウー)」を設立。
オリーブオイルの輸入・販売のほか「感じる・判断する・楽しむ」セミナーやテイスティング会を不定期に開催している。


[公式ブログ] http://oliveoil-deww.com/blog/
[ホームページ] http://oliveoil-deww.com/

« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています